法令検索案内 - 法令・判例の調べ方 (2010) 
日本の法律、政令、省令、告示、通知、通達、判例、審決や立法趣旨、改正理由などの、主にインターネットでの調べ方
2010年07月23日  
法令改正 - 法令沿革(改正の経過)の調べ方
 法令の改正の経過は、法令自体には本来は記述されません。
 しかしそれでは実務上大変に不便であるため、法令集の編纂においては、出版社によって、改正の経過の手がかりが記載されることが一般です。
法令沿革(改正沿革)
 法令集では、題名の後に改正の履歴が記載されることが一般的です。ここには法令が改正を受けた際の改正法令の法令番号が記述されており、いつどの法令によって改正されたかがわかるようになっています。これは、法律用語というより法令集用語として、一般的には「法令沿革」又は「改正沿革」と呼ばれます。
 なお、総務省の法令データ提供システムにおいては、未施行分と最終施行分しか記載が無いため、法令沿革からは改正の経過が分かりません。
改正附則
 法令集では、後日の法令閲覧の便宜上、改正法令の附則のみを、改正された法令の末尾に追記していきます。これは一般に「改正附則」と呼ばれます。
 法令番号だけでなく附則の内容が記述されて個々が長くなるため、改正の経過を追う目的には不向きです。通常は法令沿革と改正附則は対応しており、法令沿革を見れば改正の経過はわかります。
日本法令索引
運用主体:
国立国会図書館
更新サイクル:
収録内容:
法令の法令沿革、法律の場合はその改正における国会会議録へのリンクと法案へのリンク。
検索性:
高いです。
特長:
改正の経過を調べるのであれば、まずここが一番だと思います。
注意:
 
法 庫 (一部有料)
運用主体:
個人
更新サイクル:
1週間に1回
収録内容:
法令の法令沿革、各条項の横にいつ改正を受けたかの付記、その改正法令へのリンク(改正法令の内容は有料部分)
検索性:
 
特長:
法庫のすごいところは、条項ごとにいつ改正を受けたのか、その改正法令の内容はどうだったのかを確認できるところです。
name:
text:
携帯向け RSS ATOM GoogleSitemap 管理ページ